2016年02月21日

金利の低下から考える

日本銀行がマイナス金利の導入を発表してから、歴史的な水準まで金利が下がりました。
20160209.jpg

相続にはどんな影響があるのでしょうか。
色々考えられますが、ここでは保険を考えてみましょう。

生命保険には、相続税の基礎控除枠(法定相続人の数×500万円)を利用できる大きなメリットがあります。(その他にも利用価値がありますが詳細はここでは割愛します)
その中でも相続対策で利用される代表的な「一時払い終身保険」について

・・・ニュースより・・・
日本銀行がマイナス金利政策を導入した影響で、第一生命保険傘下の第一フロンティア生命保険は16日、円建て一時払い終身保険の一部の販売を停止した。富国生命保険も一時払い終身保険の一部の販売を3月から中止する方針だ。他社も同様の検討に入った。新規に契約する保険の保険料を値上げする動きも広がりそうだ。

というニュースが2月20日に流れました。

今後、一時払い終身保険を利用する事が出来なくなる可能性がある!?
これは由々しき問題です。
保険を利用した対策は、手軽で即効性のある方法ですので、まだ利用されていない方は早めに手続きした方が良さそうですね。

一方で、すでに対策済み(契約済み)の方は心配ないので安心して下さい。
saku.gif

きょうと宇治相続相談センター
posted by きょうと宇治相続相談センター at 14:17| Comment(0) | 日記