2016年10月10日

高校生に「相続とは?」の授業をしてきました!!

 先日、ある縁で京都府立洛水高等学校の2年生のキャリア教育授業の一環として、当センターの社員が、「自分が高校生の時の話」や「仕事に関する話」を交えながら「相続とは?」を「授業として」話す機会をいただきました。
 ただ、予想はしてましたがやはり高校生たちの反応は鈍く、こちらから質問しても「......」「......」みたいな感じが多く、改めて「学校の先生って大変やなぁ」と痛感しました。
 でも後、数回この高校生たちといっしょに話せる機会があるので、少しでも「よかった」「面白い」と思ってもらえるように頑張りたいです!!
 洛水高校写真2.JPG


作成:樽谷義之taru.gif

きょうと宇治相続相談センター
posted by きょうと宇治相続相談センター at 22:30| Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
私も一緒にこの授業に参加しました。
自分が高校生の時を考えると、「相続」なんて自分には関係のない遠い存在の言葉であり、じっくり考えたことは無かった。
でも、この授業を通じて「相続」を真剣に考えてくれる人が少しでも増えてくれれば、良い事だと思いました。
Posted by 櫻屋敷英樹 at 2016年10月11日 07:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: